MENU

体のデトックス機能について

デトックスとは?で書きましたが、本来体には自己浄化作用が備わっていて
体の毒素排泄システムは以下のようになっています。

 

汗・・・3%
毛髪・・・1%
つめ・・・1%
尿・・・20%
便・・・75%
ダントツ便が一番毒素を体外へ出しているんです。しかし、現在人の腸はストレスや
食べ物、ダイエットの影響で動きが悪くお通じがちゃんとある人でも停滞便(宿便)
が、潜んでいる場合があります。

 

お通じが悪ければ、便で排出されるはずの毒素は腸に留まったまま⇒さらに毒素発生⇒
⇒内臓に溜まっていく毒素⇒ アレルギーやガン、 体調不良、肌荒れ、ダイエット失敗
と言う図式となってしまいます。

 

また、腸は第2の脳とも言われ、免疫をつかざどっていると言う説があるくらい大事な器官です。
ですから、普段から便秘をしないことはさることながら、停滞便を貯めないことが
大事です。また、ある程度体の中の物を出すと、内臓は今度は浄化作用に入りますので
体の中のものをきちんと出すと、それだけで体は自己浄化作用で
プチデトックス出来ますよ 。

デトックス(解毒)の種類・実践方法

デトックス(解毒)の方法と言うのは実にさまざまあります。
と言うのも、有毒ミネラルに焦点をしぼり点滴やキレート成分でピンポイント的に
解毒を行う方法と、体の余分なものを出す効果でデトックス(解毒)も一緒に行ってしまおう
と言うもの、そもそも尿や便などがたまりやすい人がそれを改善して解毒しやすくする。
方法があるからです。いずれも毛髪ミネラル検査などをしてから
自分にあっている方法で無理なくデトックスできるようにしてください。

 

キレート点滴療法
食餌療法
腸内洗浄
断食(ファイスティング)
機能性食品や解毒効果のあるサプリメントの摂取
オイルマッサージ
赤外線照射や半身浴による発汗
ミネラルウォーターを飲む
ジョギングなどの運動
ホットヨガなどのエクササイズ

デトックス(解毒)その後に

すっきりデトックス=解毒をして
体の中を綺麗にしたら抗酸化成分や乳酸菌を取って体の中を元気にしましょう。
解毒されている分、吸収率がよくなります。

 

下の表に抗酸化成分・抗酸化を助けると言われるものを書いておきます。
乳酸菌にも種類がいろいろあるのですが
1.どの乳酸菌が合うかは体質で違う。
2.良い乳酸菌の種類分けが国によって違う
などの理由でここでは割愛します。

 

抗酸化成分(物質)とは病気の原因の90%は活性酸素。と言われる中で
その活性酸素をやっつける、排出すると言われている物質で
病気の予防やアンチエイジング効果を狙って世間を騒がせている成分です。
コ エンザイムQ10(CO-Q10)などなど、たくさんあります。

 

乳酸菌はあまりにも有名で説明の必要も無いと思いますが
一応念のため書いておきます。
乳酸菌とは「乳糖やブドウ糖などを栄養分に増殖、乳酸などをつくり出す細菌」の総称です。
私たちの腸内には、約100種類(うち善玉菌40種類程度)、約100兆個もの細菌が住んでいて
日々善と悪とで戦いをくりひろげ、善が強ければ腸内環境はよくなり
悪が勝てば腸内環境はもちろん悪くなります。
そんな善玉菌軍と悪玉菌軍ですが、合計するとなんと!約1kg以上にもなるそうです。
(※腸内細菌が減れば体重が減ると言う考えは止めましょう)
超年齢=肌年齢と言われるくらいなので、腸内環境は美と深い関係がありますので
常に腸の中の乳酸菌には気を使いましょう。

 

抗酸化成分 働き
亜鉛 必須ミネラルの1つでもあり、抗酸化作用があります。
αリポ酸 キレート成分でもありますが、最近は抗酸化物質としても有名ですね。
イチョウ葉エキス 一時期ボケ防止とかで流行りましたが、抗酸化物質でもあります。
ウコン 英語名はターメリック。でカレーのスパイスにも使われます。

肝臓に効く成分として有名ですが、抗酸化作用もあります。

エンゾジェノール ニュージーランド産の海洋松から取れる非常に高い抗酸化能力を持った成分でピクノジェノールの親戚ですが、抽出方法と生産地が違います。ちなみに蒸留水で抽出されるそうです。
カテキン 緑茶の成分で高濃度カテキン入りのお茶が流行っていますが

ポリフェノールの仲間で強い抗酸化力を持ちます。

ゲルマニウム ブレスレットなどで有名ですが、抗酸化作用を持つ成分です。
コエンザイムQ10

(Co-Q10)

CO(一緒に)Enzyme(酵素)との名前どおり補酵素の働きをします。元々心臓の薬でしたが、最近健康食品の素材として認められました。
L-システイン キレート成分でもあり、抗酸化作用もあります。ビタミンCとを助けてメラニンの形成を抑制し、しみ・そばかすを予防する働きもあります。
セレニウム

(セレン)

必須ミネラルの1つでもあり、がん予防にも役に立つと言われているセレニウム。

抗酸化作用に関係しているミネラルと言われいます。

ピクノジェノール フランスの海岸に自生する松の樹皮からの抽出物を主原料としている。(エンゾジェノール、フラバンジェノールと親戚)

活性酸素を除去する抗酸化作用を持っています。血行も良くしてくれる女性にうれしい成分です。

ビタミンA,C,E 人間に必須のビタミンですが、左にあげた3種類は抗酸化作用を持っています。
プロポリス 免疫力をあげ抗アレルゲン効果があると言われているプロポリスですが抗酸化作用もあります。
β(ベータ)カロチン にんじんに多く含まれることで有名ですが、その他の緑黄色野菜に多く含まれています。活性酸素を除去する抗酸化作用があります。
ポリフェノール ワインに含まれているため、一時期のワインブームを巻き起こしたと言っても過言ではない成分。抗酸化力が強いそうです。ワインやお茶などに含まれています。
リコピン トマトなどに多く含まれる赤い色素で、 抗酸化作用が強く、ガンの予防にも役立つと言われています。余談ですが、イタリア在住の男性とイタリア外に住んでいる男性とを比較したら・・・イタリア外に住んでいる男性の方がガンの発症率が高かったそうです。